その他

【収穫】さつまいも

本日の獲物

先日実家でサツマイモを収穫してきました。今回はサツマイモの収穫に関する記事です。お楽しみください。

実家で父が趣味で作っているものなので一般的なサツマイモとは少し違うかもしれませんがお楽しみいただければ幸いです。

作業行程

掘る

早速芋掘りの醍醐味です。 桑を持って畑へレッツゴー!!

さつまいも畑なんて見たことないという方も多いと思いますが行ってみると芋のツルの繁殖力に圧倒されます。というか途方に暮れる…

まず、掘る前にツルを切ってクワを入れれる状態にします。

写真の左奥がサツマイモの畑です。他にもいろいろ作ってるみたいです。

圧倒的ツルの量...
ツルの根本から鎌で切って外していくと畝が見えるようにします。ビニールシートを取ったら畝が見えます。

実際に桑を使って掘るところの写真は撮れていません。すみません。
サツマイモが植わっているところを確認したらその隣から桑を入れて地面を掘り起こします。クワで芋を木津つけないように最初は遠いところからクワを入れて徐々に芋の近くを掘り起こしていきます。なかなかの重労働です。🙄

周りを掘り起こしたら手で土を除けて芋が傷つかないように慎重に収穫します。

掘った芋はバケツに入れて持って帰ります。
切ったツルはそのまま畑に放置し冬になって水分がなくなったらトラクターで粉砕して畑の肥料にするそうです。

収穫した芋の一部です。立派です。😊

洗う

収穫した芋は土が付いているため水で洗います。
大きなバケツに水を入れ一つ一つ手で土を落としていきます。
冷たくて辛い作業ですが美味しい芋のためなら全然頑張れます😊
1時間くらいかけて洗いました😅

干す

最後に洗った芋を干します。風通しの良いところで2〜3時間ほど干すことで表面が乾き保存できる状態になります。

時間が経ったら全作業終了です。朝7時から掘り始めて昼の1時くらいには全行程が終わりました。スムーズに作業できました。

まとめ

今回はサツマイモの収穫でしたが今後収穫した芋で料理を作りたいと思っています。サツマイモご飯やスイートポテト等を予定しています。

収穫したいもの種類は安納芋と紅あずまという2種類です。それぞれねっとり系とホクホク系なので用途を調べて調理する予定です。

余った芋は普段お世話になっている会社の方々に配りました。
喜んでいただけるので父も嬉しそうでした。😊

後日家にある焼き芋機能付きのレンジ、SHARPのヘルシオで焼き芋を焼きました。

あまり中は黄色くはなかったのですが皮もパリッとして綺麗に焼き上がっていました。とても甘くて美味しかったです。

ヘルシオが気になった方はこちらからご確認ください。↓↓↓

おまけ

実家でとれた芋の中で一番大きかったものがこちらです。

わぉ!!重量5キロ越えの超大物!!
食べるのにはちょっと困りますが収穫の記念としてはとても良いものが獲れました😊