デザート

【極厚】厚さ40mm越え!外はサクっ中はふんわり分厚いホットケーキの作り方

本日の一品

本日の一品は極厚のホットケーキです。お店で出てくるようなふわっふわのホットケーキに仕上げるためのレシピを紹介いたします。

お知らせ!

今回作ったホットケーキは生地が分厚すぎるので外側からだけで火を入れると中がうまく焼けません。なので今回は途中で半分に切り、断面から火を入れる方法をとっております。見た目が気に入らない方、丸くないと嫌な方はオーブンで焼き上げる事をお勧めいたします。

全体の作業時間:20〜25分

材料

材料一覧(2人前)

・ホットケーキミックス:1袋(200g)

・ヨーグルト:大さじ3杯(約100g)

・砂糖(黒糖):大さじ1.5杯

・バター:5g×2個


・卵:1個

・塩:少々

・シナモンパウダー:適量(お好みで)

・メース:適量(お好みで)

・パセリ:適量(お好みで)

材料はこんな感じです。一般的なホットケーキでは牛乳を使いますが、こんかいはヨーグルトを使うことで生地の水分を減らし高さを出して焼き上げることができます。

生地に砂糖を追加する場合は塩を少しだけ加えると甘さが引き立つのでお勧め!

シナモンパウダー、メースは甘い香りを出すためにいれているのでお好みでいれなくてもOK !パセリは彩りで加えています。

卵だけ写真に写し忘れています。ご了承ください。

調理

下ごしらえ

生地を作る

ホットケーキの肝は生地作り、分量を間違えるとどんなにうまく焼いても味が決まらなかったり綺麗に焼き上がらなかったりするので一番注意を払いたい行程です。

大きめのボールに材料一覧のバターとパセリ以外を全ていれてゴムベラでしっかり混ぜ合わせて生地を作ります。泡立て器だと記事が硬すぎて混ぜれないのでゴムベラがお勧め!

混ぜていくとパン生地のようにねっとりとした生地になります。しっかりと混ぜてダマになるのを防いでください。

このくらいに混ざればOK!ダマもなくねっとりとした生地が完成です。

焼く

両面を焼く

小さめのフライパン(使用したのは20cm)にバター5gを入れ弱火で火をつけバターが溶けたら生地を入れます。

火力:弱火🔥

入れたらこんな感じ、今回は一度に全部生地を入れました。

小さめが作りたい方は回数分けて焼いてください。

蓋をして7分蒸し焼きにします。

蒸し焼きにしている間に残り5gのバターをレンジで溶かしヘラ等で表面に塗ります。7分経ったら蓋を開けて両面にバターをしっかり染み込ませて焼き上がりをサクっとした食感にします。

生地が柔らかいとヘラにくっつくので注意してください。

バターを塗ったらひっくり返します。ひっくり返す前にフライパンを揺すって生地がフライパンにくっついてないかを確認してください。

フライ返しを使って勢いよくフライパンを上下に煽って一気に返すとキレイに返せます!

裏返したらまた蓋をして7分焼きます。引き続き弱火でやきます。

中を焼く

両面7分ずつ焼いたら半分に切って断面から中に火を入れます。
両面を焼き上げた時点で厚さは決まるのでこの時点での迫力はかなりのものです。包丁と並べるとこんな感じです。

こんな感じで中央部分にどうしても焼きムラが残ってしまいます。この面を下にして再びフライパンで焼きます。

こんな感じになります。この状態で3分弱火で焼きます。

火力:弱火🔥

3分焼いて断面が綺麗に焼けていたら完成です。

盛り付け

平らなお皿に盛り付けてバターとパセリをトッピングすれば完成です。
甘くするなら蜂蜜、生クリームのトッピングがやはりお勧めです。

まとめ

所感

今回は高さのある極厚ホットケーキを目指したので中央まで中々火が入らず苦戦してしまいました。

ホットケーキはふわふわしっとりの食感が一般的ですがヨーグルトを使って硬めの生地を作る事でズッシリと厚みのある焼き上がりになります。一見パサパサしていそうですが蒸し焼きにし、両面をバターでコーティングする事で生地の中に水分を残し口当たりが軽い仕上がりになっています。とても美味しくいただけました。

使用したスパイス

使用したスパイスでメースというものをご紹介します。
ナツメグの仲間でナツメグより香りは控えめな感じがします。ちょっと上品かも。お菓子にはこちらのほうが向いていると思います。
気になる方がいらっしゃいましたら下記のリンクよりご確認くださいませ。

◆メース/パウダー/S缶70g [Mace]【select/セレクト/肉豆蒄花/にくずく/業務用/お買い得/お徳用/香辛料/調味料/スパイス/エスビー食品/楽天/通販】【05P09Jul16】
created by Rinker