その他

玉ねぎの微塵切りの方法

作り方

今回は玉ねぎの微塵切りの方法を紹介いたします。簡単ですので是非挑戦してみてください。

包丁を使う作業なので十分注意してください。

半分に切る

玉ねぎの根っこと先端を切り落とし皮を剥いたら縦半分に切ります。

繊維に向かって平行に包丁を入れる

繊維の向きに平行に、縦方向に包丁を入れます。片側の端っこ(写真では右端)は1cmほど切らずに残しておきましょう。こうすることで玉ねぎがバラバラになりません。

包丁を入れる間隔はお好きな幅で構いませんが、だいたい5mmくらいが妥当かと思われます。

水平に包丁を入れる

次にまな板に対して水平方向に包丁を入れます。玉ねぎに段をつけるように等間隔で切り込みを入れ、はじめと同様片側の端っこ(写真では右端)を1cmほど残して切ります。こちらも5mmほどの幅で切り込みを入れています。

繊維に向かって垂直方向に包丁を入れる

最後に繊維に向かって垂直方向に包丁を入れると切ったそばから微塵切りになって崩れていきます。5mmくらいの幅を意識して切ります。

切り込みを入れていない端まで切ったら、端の部分のみ包丁で細かく刻めば微塵切りになります。

全体を細かく刻む

玉ねぎが微塵切りの状態になったら全体に満遍なく包丁を入れ大きさのばらつきを減らすように細かくきざみます。

まな板の中央に玉ねぎを集めて満遍なく包丁をいれてゆきます。

自分の好きなサイズまで細かくなれば完成です。

まとめ

玉ねぎの微塵切りは料理をしていたら本当によく使います。
覚えるのは簡単ですが料理初心者の方たちは知らないという方も多いのではと思い簡単にではありますが紹介させていただきました。

この方法は玉ねぎだけではなく、にんじん、ネギといったいろんな野菜に応用できるので覚えておくだけでとても役に立ちます。ぜひお役立てください。