おつまみ

【調理方法徹底解説】砂ずりとネギの中華風炒め!

本日の一品

本日の一品は砂ずりの中華炒です。サッと作れてご飯が進むスタミナレシピです。ご期待ください。

全体の作業時間:20分程度

材料

材料一覧(2〜3人前)

・砂ずり:1パック(約450g)
・玉ねぎ:1玉
・長ネギ:1本
・生姜:1個
・ニンニク:1片
・ごま油:大さじ1杯
・サラダ油:大さじ1.5杯
・山椒:適量

タレの材料
・オイスターソース:大さじ2杯
・豆板醤:小さじ2杯
・甜麺醤:小さじ1杯
・水:大さじ4杯
・紹興酒:小さじ2杯

材料はこんな感じです。タレは中華っぽくピリッと辛い味付けを目指しています。

調理

下ごしらえ

野菜を切る

最初に野菜の下ごしらえを行います。ニンニクは皮を剥いてみじん切りに生姜の皮の剥いて千切りにします。

包丁を使う作業なので十分注意してください。

ニンニクの豆知識
ニンニクの下ごしらえでは、そのまま→潰す→スライス→微塵切りの順に香りが強くなります。食べた時のインパクトは逆の順番になります。ニンニクの香りを意識させたいのならスライスか微塵切りがオススメです。

次はネギです。ネギは縦方向に切り目を入れてそれを刻むように切ると細かく切れます。白い部分を数回に分けてみじん切りにします。

青い部分は3cm幅程に切っておきましょう。

最後に玉ねぎです。玉ねぎは繊維方向に半月切りに幅3mmくらいで切ります。

砂ずりを切る

野菜のつぎは砂ずりを切ります。
砂ずりはまず真ん中を半分にカットしてそれを1/3にカットします。

全部切り終えるとこんな感じです。地味ですがわりと大変な作業でした。

タレを作る

下ごしらえの段階でタレを作っておきましょう。
水:大さじ4、オイスターソース:大さじ2、豆板醤:小さじ2、甜麺醤:小さじ1、紹興酒:小さじ2を混ぜるだけです。

本調理に入る前に混ぜておけば慌てることもなく余裕をもっと調理ができるので前もって準備しておきましょう。

本調理

それでは本調理です。

最初にサラダ油:大さじ1.5杯とごま油:大さじ1杯をフライパンに引いて砂ずりを入れ中火にかけます。大きめのフライパンを使ってください。

中火6分程たまに混ぜながら炒めます。炒めるときは軽く塩を振りましょう。

火力:中火🔥🔥🔥

焼き上がりがこんな感じです。しっかり中まで火を通してください。焼きあがったらバットに移しておきます。

砂ずりを炒め終わったらネギと玉ねぎを炒めます。火力は中火で2分ほど炒めます。ここでも軽く塩を振りましょう。

※刻みネギの方はまだ入れないでください。

火力:中火🔥🔥🔥

こんな感じでしなっとなってきたらOK。

ここに千切りにした生姜とみじん切りのニンニクを加えさらに1分半炒めます。火力はそのまま中火です。

炒め終わったらこんな感じ。全体に火が通っておけばOK。

野菜を炒め終わったら砂ずりを戻し30秒ほど炒め温め直します。なぜながら焦げないように炒めます。ここから火力を中火〜強火へ変更し一気に仕上げに入ります。

火力:中火〜強火🔥🔥🔥🔥

満遍なく混ざったら刻みネギを加えて更に30秒ほど炒めます。

すぐに火が入るので炒め過ぎは禁物です。

軽く混ぜたら中華タレを入れて混ぜながら炒めます。紹興酒のアルコールがを飛ばすため必ず2分くらいは最低でも炒めてください。

これで調理は全て終了です。

盛り付け

中華らしく大きめの深めのお皿に盛り付けて完成!
タレがいい感じに絡んで美味しそうです。最後に山椒を振りかけて出来上がりです。

まとめ

所感

中華料理は調味料をたくさん使って味に一体感を出すのが難しいですがオイスターソースをベースに豆板醤と甜麺醤で辛味と甘みをプラスしていくと味に深みが出て美味しくなります。水を入れると味が薄まるというイメージが先行しますがちょうど良い辛さに仕上がりました。

美味しくいただけ、ビールにぴったりのおつまみとなりました。

今回使ったもの

今回は中華誰に使った豆板醤と甜麵醬をご紹介します。S&Bさんが出されている商品でスーパー等でよく見かけるので気になる方は探してみてください。ネットでご注文の方は下記リンクよりご確認ください。

created by Rinker
¥355
(2020/09/21 05:58:15時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥302
(2020/09/21 05:58:16時点 楽天市場調べ-詳細)