サラダ

【 つぶつぶ食感 】明太子のカラフルサラダボウル

本日の一品

本日の一品は明太子を使ったカラフルサラダボウルです。明太子とマヨネーズの特製ドレッシングが食欲をそそります。

全体の作業時間:15分〜20分程

材料

材料一覧(2〜3人前)

〜サラダの材料〜
・ブロッコリー:5〜6個
・キャベツ :1/4玉
・かぼちゃ:1/8個
・人参:1本
・オリーブオイル:大さじ2杯

〜ソースの材料〜
・明太子:3切れ(約60g)
・マヨネーズ:大さじ2杯
・オリーブオイル:大さじ1杯
・だし醤油:小さじ1杯
・塩:少々

〜隠し味〜
ゴマドレ:大さじ1.5杯

材料はこんな感じです。今回はカラフルなサラダを目指すので色味の強い人参、かぼちゃ、ブロッコリーを使っています。この他にもトマトやアスパラ、パプリカ等彩り豊かな野菜をつかうとより華やかになると思います。種類が多すぎるとごちゃごちゃするので3、4種類くらいで構成することをお勧めします。

隠し味のゴマドレは盛り付けのところで紹介しますがソースと別に使っていただくとより美味しくサラダを楽しむことができます。ソースが1種類だとどうしても味が短調になってしまうので使っています。

※写真ではキャベツは1/2玉で写っていますが使用したのは1/4玉です。

調理

下ごしらえ

ブロッコリーの下ごしらえ

ブロッコリーの茎の部分から包丁で切り落とし一口サイズにします。ボールに入れたら水を入れて1〜2分水についておきましょう。

包丁を使う作業なので十分注意してください。

皿を重し代わりにして水に沈めておきましょう。
ブロッコリーは葉の間に虫や汚れが溜まっていたりするので水に沈めることで汚れを落とします。1〜2分後溜め水を数回入れ替えながらきれいに洗ったらボールに入れておきましょう。

かぼちゃの下ごしらえ

かぼちゃは半月切りでできるだけ薄くを目標に切ります。厚さは1〜2mmくらいです。多少厚くなっても食べれますが均一な厚さの方が口当たりがよく美味しく食べれます。

切り終わったらこんな感じです。薄切りなので結構な量になります。

人参の下ごしらえ

人参は千切りにします。皮を剥いたら真ん中から半分に切って長さを揃えましょう。


厚さ1mmを目安にスライスします。
端の方を2、3回切って断面を作ります。

切った断面を下にして安定した状態でスライスをしていきます。厚さ均一を意識しましょう。

端の方まで切ったらもう一度切った断面を下にして切ると最後まで切りやすいです。

切り終わりがこんな感じです。これを重ねて千切りにしていきます。

この時も均一な厚さを意識しましょう。

切り終わりはこんな感じです。綺麗な千切りになりました。

キャベツの下ごしらえ

人参同様キャベツも千切りにします。切り方は人参と一緒で安定した面を下にして厚さ均一を意識しながら切れば綺麗に切れます。

切り終わったら冷水で洗います。洗い終わったら水切り器を使ってしっかりと余分な水分を落としておくと美味しく食べれます。

本調理

ブロッコリーに火を通す

ブロッコリーはレンジで温めれば中まで火が通ります。茹でるよりも簡単で葉の部分がボソボソにならないのでお勧めです。熱が入ると色鮮やかになります。

600W1分半程加熱しました。

かぼちゃを焼く

薄切りのかぼちゃを素焼きにします。トースターの容器にアルミホイルを敷いたらオリーブオイル大さじ1杯を広げてかぼちゃを並べます。

並べ終わったら全体に軽く塩を振ります。塩を振ることで水分が抜けやすくなり仕上がりがベチャつかなくなります。

塩を振ったらトースターで6分加熱します。(1000W)

焼き上がりはこんな感じです。いい感じに火が入っています。中まで火が入っており水分もほどよく抜けています。

人参を炒める

オリーブオイル大さじ1杯をひいたフライパンに細切りにした人参を入れて中火で混ぜながら炒めます。炒める時間は6分ほどです。

炒めるときに塩を少々加えましょう。水分が出て美味しく仕上がります。

火力:中火🔥🔥🔥

6分後、炒め終わりはこんな感じです。しんなりとして火が入っていることが伺えます。必ず味見をして硬さと塩加減の確認をして下さい。

人参を炒め終わったらサラダは完成です。あとはソースを作って盛り付けるだけです。

明太子ソースを作る

今回のサラダの肝である明太子ソース。簡単に作れるので人参を炒めているに作ることができます。

明太子をボールに入れラップをして1分ほど600Wのレンジで温め熱を通します。
※パチパチと明太子が飛び散るのでラップをするのを強くお勧めします。

加熱後マヨネーズ大さじ2杯、出汁醤油:小さじ1杯、オリーブオイル:大さじ1杯、塩:少々を加えフォークで明太子を潰しながら混ぜます。

あらかじめ皮を取ったり包丁で軽く刻んでおくと混ぜる作業が楽になります。今回は下ごしらえをせず混ぜたので多少混ぜるのに時間がかかりました。

混ぜるとこんな感じになります。ピリッと辛いマヨネーズベースのソースになります。

ソースができたら盛り付けたサラダにかけて完成です。

盛り付け

サラダでは盛り付けが非常に重要な行程になります。見栄えは勿論ですが全体にソースがかかるように具材を配置することでより美味しく食べることができます。

まず深めの大皿かボールにキャベツを盛ります。
このときゴマドレを大さじ1.5杯かけておくと後でサラダを混ぜた時にソースと別の味が楽しめるのでお勧めです。

次にかぼちゃを円形に盛り付けて中央に炒めた人参を配置します。

人参の周りにブロッコリーを置きます。
ブロッコリーやミニトマトは皿の端のほうに置いてあるイメージですがソースを掛けることや色合いのバランスを考えて中央に配置しました。

ここにソースをかけていきます。ソースは中央の人参とブロッコリーにしっかりかかるように気をつけながらかけます。

盛り付けはこんな感じです。野菜を混ぜて食べる方が美味しかったです。

まとめ

所感

サラダは日頃市販のドレッシングを使って食べることが多いと思いますが、ちょっとした手間を加えるだけでいつもよりグレードアップした料理に早変わりする料理だと思います。簡単に変化を楽しめるのでいろんな味を試すこともでき料理も楽しくなると思うのでぜひやってみて下さい。

もちろん非常に美味しく頂きました。

今回使ったもの

今回はサラダには欠かせない水切り器と出汁醤油のご紹介をします。

水切り器

生野菜を使う時、食材の水切りという行程はほぼ必ず発生するのでキッチンに一台あれば作業がかなり捗り美味しくいただくことができます。誰でも簡単に扱えて料理を美味しくてくれるかなり便利なお勧めの調理器具です。

出汁醤油

出汁醤油は少量で簡単に深みのある味をつけることができます。普段お豆腐や納豆を食べるときに使うのも良いですし料理の隠し味にもぴったりの調理量なので持っていない方はぜひお試しください。