おつまみ

【簡単で美味しい!!】牡蠣・帆立で作るフランス料理〜魚介のパテ〜

本日の一品

本日は牡蠣と帆立のパテのレシピをご紹介します。以前鳥レバーパテのレシピをご紹介しましたがパンは好きだけどレバーはちょっと…という方に向けて牡蠣と帆立の濃厚な味わいが楽しいこちらのレシピを紹介します。レバーパテのレシピが気になる!という方は下記のリンクよりご覧ください。

全体の作業時間:20分〜30分

材料

材料一覧

・牡蠣:1パック(150g)
・ベビー帆立:1パック(120g)
・人参:1/2本
・ニンニク:1片
・玉ねぎ:1/2個
・バター:15g
・クリームチーズ:50g
・生クリーム:200cc
・オリーブオイル:大さじ2杯
・エルブドプロバンス:適量(お好みで)
・塩胡椒:適量
・塩:適量(水抜き用)
・料理酒:大さじ1.5杯

材料はこんな感じです。メインの牡蠣 帆立以外はシンプルに香味野菜とスパイス パテに必須な乳製品といった構成です。今回白ワインが無かったため料理酒を使いましたが白ワインでもOKです。

調理

下ごしらえ

牡蠣と帆立の水抜き

まず最初に牡蠣と帆立の水抜きを行います。広めのバットに牡蠣と帆立を並べて両面に塩を振って10分程置いておきましょう。水分が出てきたら定期的にキッチンペーパーで拭き取ってください。

<魚介類の水抜き>
魚介類に薄く塩を振ることで余分な水分が抜けて身が引き締まり水っぽいさが無くなります。生臭さの原因である余分な水分が抜けるため匂いをとる効果も期待できます。

10分後水分をとったらこんな感じです。身が引き締まってプリプリとした印象になりました。

野菜を切る

水抜きをしている間に野菜をカットします。玉ねぎ、人参、ニンニクをそれぞれ切るのですが全て微塵切りです。今回は炒めた後フードプロセッサーを使うので大雑把なカットで全く問題ありません。
微塵切りの方法についてわからない方は下記リンクに解説をしておりますのでどうぞご覧ください。

包丁を使う作業なので十分注意してください。

玉ねぎ、人参、ニンニクそれぞれこんな感じになりました。

ここまでで下ごしらえは完了です。

本調理

野菜を炒める

切り終わった野菜を炒めます。フライパンにオリーブオイル大さじ1杯をひいてニンニクを入れ弱火で30秒〜1分ほど炒めます。ニンニクは焦げやすいので注意してください。

火力:弱火🔥

ニンニクのいい香りがしてきたら玉ねぎとニンジンを加え中火3分ほど炒めます。炒める際は軽く塩を振りましょう。水分が抜けて旨味がアップします。

火力:中火🔥🔥🔥

炒め終わったらバットに取り出しておいてください。

牡蠣と帆立を炒める

野菜を炒め終わったら次は牡蠣と帆立を炒めます。野菜を炒め終わったフライパンにオリーブオイル大さじ1杯を追加して牡蠣と帆立を並べて中火にかけます。

パチパチと音がしてきたら料理酒(白ワインならなお良し)を大さじ1.5杯加え蓋をして3分ほど蒸し焼きにします。

火力:中火🔥🔥🔥

蒸し焼きにすることで全体に火が通り身が縮まるのを防げます。

3分後蓋を開け引っくり返し裏面を焼きます。再び蓋をして2分ほど蒸し焼きにします。あまり触らずかえすだけでOKです。

最後にバター15gを加えます。バターが溶けたら火を止めてバットへ移しましょう。

フードプロセッサーで攪拌

調理行程の最後はフードプロセッサーで攪拌します。フードプロセッサーに炒めた野菜、牡蠣、帆立、生クリーム:200ml、クリームチーズ50g、塩胡椒、エルブドプロバンスを加え攪拌します。

固体がなくなるまで2分ほど攪拌します。
攪拌後はこんな感じです。ドロドロになって一気にパテっになりました。

盛り付け

お皿にパテを入れてパンに塗れば完成です。お好みでパセリやブラックペッパーを散らせるのもいいかもしれません。

思わずビールが飲みたくなる一品です。相性はもちろん最高です。

まとめ

所感

牡蠣と帆立の濃厚な味わいをこれでもか!楽しむことができる一品です。ビール、ワインなど全てのお酒と相性抜群です。とても美味しくいただきました。

レバーパテと違い一度で作れる量が少ないですが旨味はこちらの方が強いです。口に入れた瞬間一気に牡蠣の濃厚さが口一杯に広がります。個人的にはレバーパテよりもこちらの方が好きな味でした。

今回使ったもの

今回使ったお気に入りのスパイスと調理器具をご紹介します。
私が頻繁に使っているエルブドプロバンスというスパイスですが汎用性が非常に高く料理にふりかけるだけで一気にハーブのいい香りを出せるのでとてもおすすめです。気になる方は牡蠣リンクよりご確認ください。

もう一つ私の使っているフードプロセッサーをご紹介します。あの道場六三郎先生が監修されたフードプロセッサーです。回転数とトルクが高く大概のものは粉々になるので非常に使い勝手が良く頻繁に使っています。こちらも気にある方はぜひご確認ください。